運航管理者

飛行機の運航は入念な飛行計画の上で
成り立つのです。

その飛行に関してきちんと計画をするのが
運航管理者の仕事です。

飛行機の飛行は天候や航空の状態によって
毎回違った計画を作らなくてはなりません。

基本はあるかもしれませんが毎回同じ飛行計画
ということはありません。

状況によって臨機応変にしなければならないので
難易度の高い仕事なのです。

たくさんある情報をまとめて安全な飛行を
考えなくてはならないですし、今では航空業界も
節約が基本なので効率なども考えなくてはなりません。

たくさんの情報の中から最も良いプランを
作り上げなくてはならない運航管理者、仕事の難易度は
とても高い資格です。

また運航管理者は資格の取得も難しいのです。

資格の取得には実務経験が必要で2年以上は
航空会社などで運行業務に携わらなくてはなりません。

試験も学科試験と実地試験がありここで取得できても
最後に社内審査を受けなくてはならないのです。

社内審査も難関といわれているので、資格取得後しごとに
従事するまでは時間がかかるかもしれません。

ですがやりがいは大きい仕事です。

諦めずにプロの運航管理者を目指しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ