3R・低炭素社会検定

持続可能な社会の為に、エコの為に
3R・低炭素社会検定はより良い生活を送るために
必要な知識の資格となっています。

3R・低炭素社会は、3Rと低炭素として生活を
する上での知識を知り、今までのライフスタイルを
見直し、行動変容を行うために必要な事なのでは
無いでしょうか。

首都圏を中心にさまざまな地域で
開かれている資格となっています。

3Rと低炭素社会部門で資格試験は別れていて、
3Rは家庭や職場においてごみを削減、適正処理する為の知恵、
技術、制度についての問題が出題されます。

低炭素社会部門は世界の温暖化の実態、家庭や職場、
社会で活用できる省エネについての問題となっています。

それぞれ両部門の受験をする場合は5,250円の費用が、
一部門のみの場合は4,200円の費用が掛かります。

3Rはリデュース、リユース、リサイクルの頭文字を
取った言葉でありごみを出来るだけ少なく、再利用を
推奨するものとなっています。

低炭素社会とは地球温暖化を食い止める為に
CO2を出来るだけ使わず、省エネを心掛ける
ものとなっています。

今後の生活の為にも役立つ資格でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ