C言語プログラミング能力認定試験

C言語はプログラマとしての
仕事を行うのにはほぼ必須とも
言える知識でしょう。

ですから、この
「C言語プログラミング能力認定試験」を
持っていれば、一定以上の
スキルを認めてもらうことが出来るでしょう。

このC言語プログラミング能力認定試験は
サーティファイ情報処理能力認定委員会が
主催しているもので、
C言語を活用して発展的な
プログラムを作成するスキルの
指標となる資格です。

級としては1、2、3急に分かれており、
3級は「概念の理解と基本的なプログラムの作成」、
2級なら「500行ほどのプログラムを
適切かつ簡潔に書くこと、
アルゴリズムに関しての理解」、
1級なら「言語処理系などの発展的な
プログラムの作成、OSについての理解」
について問われることになっており、
1級ともなると難しく思う人も
多いのではないでしょうか。

C言語プログラミング能力認定試験自体は
一年に3回ないしは2回行われており、
受験資格などは有りません。

ですから、学生の方でも
受けられる資格となります。

合格基準は比較的ゆるめでは
ありますから、就職前に周りに
一歩リードを付けるためにも、
「C言語プログラミング能力認定試験」の
資格はとっておくことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ