CAD利用技術者試験

CADと言う言葉をご存知でしょうか。
中では職業としてCADによる製図を
なさっている方もいらっしゃるかもしれません。

CADは前述の通り製図を含めた
設計そのものに関わるパソコンの
ソフトウェアの一つで
Computer Aided Designの
略称となっています。

このCADを利用するにあたり
検定が存在しておりその技術の
熟練度が試される場として
コンピュータソフトウェア協会が
認定する民間資格の一つとなっています。

CADそのものが二次元によるものと
三次元によるものが存在し検定も
それにちなんで二次元CADによる
検定と三次元CADによる検定とに
分かれており若干三次元CADのほうが
受験料が高めに設定されているようです。

二次元CADはいわゆる平面図に
よるものですが三次元CADは
コンピューターグラフィックで
お馴染みのいわゆる3Dに近いものがあり
それだけ技術的に高度なものとなっています。

またこのCAD利用技術者試験には
もうひとつ区分が設けられており
CADに対する基礎的ないわゆる
CAD初学者のための基礎試験も
ありますが基礎を受けなければ
次の段階へ進めないというわけでは
ありませんので基礎試験と同様に
受験資格のいらない2級から受験したほうが
金銭的な効率はいいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ