CGエンジニア検定

CGエンジニア検定とは民間資格で、
CG検定と画像処理検定が統合され、
2005年からスタートした
新しい資格になります。

CGエンジニアに必要な知識と
技術を評価する試験で、
1~3級に分かれています。

3級を取得すると、CGや
ディジタル画像処理の
基礎知識を有することで、
ソフトウェア、製品、システムを
利用できます。

2級を取得すると、ソフトウェア、
製品、システム等の開発において、
既存技術を分析して知識を
応用することができます。

1級を取得すると、現状分析を
行って問題点を出し、
解決策を考えて企画、提案が
できます。

技術者に開発課題を
指示することもでき、
開発した技術を評価する
こともできます。

キャリアアップを図るなら、
2級以上の取得が必須です。

近年、CGの技術は大きく
発展を遂げ、アニメーションや
映画など幅広い分野で
技術が活用されています。

その技術は20年前とは
比較にならないほど進化していて、
作品の中にCGが挿入されていても、
何の違和感も感じないレベルに
到達しています。

CGエンジニア検定は、
CG分野の開発や設計に
携わるプログラマ、エンジニアを
対象とした資格試験で、
CGプログラマ、ゲームプログラマー、
ゲームデザインエンジニア、
CADエンジニアとして
活躍することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ