CGクリエイター検定

CG業界はコンピューターやITの
進歩により非常に技術力が
問われる業界となってきています。

そんな中で、自分の技術力と
いうものは、「作品」で示すのが
一般的かつ重要となっています。

ただ、それだと実務経験の浅い
CGクリエイターはなかなか案件に
携わりづらかったりするのが事実でした。

それの解決にも一役立っているのが
CGクリエイター検定という資格です。

CGクリエイター検定は
2005年から文科省からも
認可されているCG-ARTS協会
という協会が主催で行われている
検定で、かつてはCG検定とも
呼ばれていました。

このCGクリエイター検定では
ジャンルが「表現形」「技術系」
「リテラシー系」の3つに分けられており、
それぞれさらに映像やWebデザイン、
CG、画像処理、マルチメディア
といった細かい分野に分かれています。

一級は年一回、二・三級は
年二回実施されており、
基本的にだれでも受けることの
出来る資格となっています。

学生のうちに取得することも
可能ですから、将来CGに
関連する大きな仕事に携わりたい、
より早くCG業界の中でも
様々な仕事に携わってみたい、
という夢があるのでしたら、
事前にこのCGクリエイター検定の
資格をとっておくと有利に
運ぶと思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ