DCプランナー(企業年金総合プランナー)

皆さんDCプランナーという職業を
ご存知でしょうか。

最近耳にすることが多くなった
このDCプランナーとは
Defined Contribution、
確定拠出年金を企画する人という
意味で確定拠出年金とは
年金の種類の一つですが
掛け金は通常の年金と同様に
一定なものの受給額が
その掛け金の運用次第で
左右されるため不確定なものを指します。

この確定拠出年金を普及及び
導入するための知識と技術を
兼ね備えた人材がDCプランナーと
なりますがこのDCプランナーに
なるためには日本商工会議所と
金融財政事情研究会が共催している
認定試験に合格せねばならず
その後日本商工会議所へと
登録を行うことで認定資格を
受けることができます。

登録には一定の費用が
かかりますが等級によって
金額の差はなくこの登録から
2年の有効期限があり言い換えると
2年毎に更新を行わければならず
その都度更新料を登録費と同様に
10,500円支払うことになり
また更新の際には等級ごとの
通信講座または研修会を受講、
修了させる必要があります。

1級および2級は登録によって
その等級にDCプランナーを
付け加えた名称つまり肩書として
使用することができますが
3級の場合ですと資格登録制度自体が
ないためにDCプランナーとして
活躍する場合取得するメリットは
薄いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ