EC(電子商取引)実践能力検定

EC実践能力検定を主催する
日本商工会議所は、その目的を
企業においてネットワーク社会への
対応を推進する人材を育成することと
定めています。

EC実践能力検定は2003年から
始まった比較的新しい資格で、
ネットワーク社会における
対応スキルと知識を認定する試験です。

EC実践能力検定はECマスター、
1級、2級、3級とランク分けが
されています。

3級に受験制限はありませんが、
2級の受験には日本商工会議所が
主催する基礎コースの実践研修を
修める必要があります。

1級の受験は、2級取得者で
応用コースの実践研修受講者
であってeラーニングを修了した
ひとにのみ許されます。

最高位のECマスターの受験に
関しては1級取得者であって
ECマスター受験者登録を
行ったひとのみとなります。

2000年代に入りブロードバンドの
浸透などITは目覚ましい革命を
遂げました。

今ではITは私たちの生活に
欠かせないものとなっています。

それに伴い企業では電子商取引や
電子コミュニケーション、
電子認証システムの導入、
情報およびネットワークセキュリティの
確保など新しいスキルが求められるため、
このスキルを認定するEC実践能力検定が
誕生しました。

この資格は企業における
ネットワーク社会対応スキルを
持っていることを証明するものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ