Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験は、
ビジネスのシーンにおいて最も
活用されていると言われている
表計算ソフトである
Microsoft Excelを
活用して、いかに効果的に実務を
行っていくことが出来るかという
能力を客観的に測定することが
出来る試験になっています。

この認定試験に合格することで
より効果的にExcelを
活用することが出来ることを
アピールすることが出来るため、
就職試験などにおいて有利な
資格だと言われています。

Excelの技量を認定する
資格にはMOSもありますが、
このExcel表計算処理技能認定試験は
より実践的な問題が数多く出題される
という傾向があるために、
やや難しいと感じる人が多いようです。

つまり、MOSに比べると
よりビジネス実務に沿った
技能認定試験だと言われています。

Excel表計算処理技能認定試験の
試験勉強を行うことでビジネスに
必要なExcelの実務スキルを
磨くこともできるそうです。

Excel表計算処理技能認定試験は
1級~3級まであり、知識試験と
実技試験が行われます。

ただし、3級では知識試験はありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ