IFRS検定(国際会計基準検定)

IFRS検定(国際会計基準検定)というのは、
国際財務報告基準書という国際的な
会計基準をマスターしていることを
認定する資格になります。

会計基準というのは国ごとに
異なる基準が適用されていますが、
グローバル化社会の中で徐々に
会計基準を統一して国際的な
会計基準を採用することによって
どの国の人でも分かりやすくしようと
いうものです。

120か国以上の国がこのIFRSという
会計基準を採用しており、
日本でも今後このIFRSを会計基準として
採用するのではないかと言われています。

もともとこのIFRS検定はイギリスの
会計士協会が実施している
IFRS Certificate試験というもので、
2009年から日本国内で日本語による
受験が始まりました。

今までは英語で受験しなければならなかった
IFRS検定ですが、日本語による受験が
可能になったために今後人気が
高まる検定だと言われています。

海外との取引がある会社の経理や
財務部門に就職するためには、
今後はIFRS検定が必須となるのでは
ないかと言われている資格です。

そのため、早い時期にIFRS検定を
受験し合格することが、時代の
先取りをする上で大切だと言われています。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ