ITサービスマネージャ試験

パソコンやインターネットが
一般的に普及するにつれそれらに
まつわる資格も増加しましたが
新しい資格であるためにあまり知名度が
高くないという部分もあります。

一つ例を挙げると
ITサービスマネージャ試験
というものがありますが
皆さんご存知でしょうか。

ITサービスマネージャ試験
というものはSMと略され
システムエンジニア、略してSEとも
呼ばれますがこのシステムエンジニアを
対象とした試験であり
情報処理技術者試験として
区分されている国家資格です。

情報処理技術者試験の中でも
難易度が高く高度情報処理技術者試験に
分類されておりシステムエンジニアの
中でも業務におけるシステムを運用
または管理している責任者を
想定した内容となっていますが
これは受験資格というわけではなく
どのような立場の方でも試験自体は
受けることができます。

具体的な内容としてはリスクや
コストの管理についてのものがあるため
経営に関した知識やビジネスそのものに
まつわる知識といった幅広い範囲について
出題されているようです。

試験内容は午前に2回マークシートに
よるものがあり午後に2回
それぞれ記述式と論述式にわかれており
合計300分のものですが
応用情報技術者試験または
高度情報処理技術者試験に
合格していることにより午前一回目を
免除されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ