ITパスポート試験

ITパスポート試験は、IPAこと
情報処理推進機構が運営している、
情報技術についてのごく基本的な
事項についてを問う資格です。

コンピュータを用いる職業に付くときに、
必ずと言っていいほど、
コンピュータそのものについての
理解は必要になります。

その例が「セキュリティ」です。

会社などで用いるコンピュータが
ウィルスに感染してしまった、
なんていう場合は、情報の流出の
危険性が考えられますし、
社員一人の意識の低下が全体の
不利益につながりかねません。

ですから今の時代はコンピュータに
関する理解が必要不可欠なのです。

そんな時に一定以上の知識を
持っていることを証明することが
出来るのがこの「ITパスポート試験」の
資格です。

最近では社員全員にこのITパスポート試験の
勉強をさせている、という企業も
増えてきているようですよ。

ITパスポート試験は他の資格と
比べて一年の間に何回か行われていることが
特徴でもあり、試験会場も全国にあるため、
非常に受験しやすいです。

コンピュータについての勉強も兼ねて、
ITパスポート試験の資格をとっておくことに
損はないでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ