JAVAプログラミング能力認定試験

JAVAプログラミング能力認定試験は
プログラマーやシステムエンジニアとして
活躍の場を広げるために、能力を
測定する試験になります。

1級から3級まであり受験資格は
とくに制限なしとなっています。

多くの企業でJAVAは採用されているので
資格を持っていると有利になります。

エンジニアが求められている職場では
需要が高く、専門知識と高い技術力を
持っている人材は貴重だと思います。

多く仕事を任されることになりますし、
資格手当を出す企業も多いので
持っていると役に立つと思います。

JAVAプログラミング能力認定試験を
受けて資格を取得すると、
スキルアップにも繋がるので
挑戦してみてはいかがでしょうか。

合格率は50%超えるくらいですから、
やや難しいくらいになると思います。

1級はパソコンを使用しての実技試験、
2級と3級は筆記試験になります。

申込方法はインターネットからも
郵送でも大丈夫です。

JAVAプログラミング能力認定試験は、
IT企業では当然認知度も高く、
評価される資格ですから将来活躍の場を
広げたいと思っているのなら、
勉強する価値は高いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ