JPO(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー)

どんなものでも修行が必要です。

例えば料理人は自分の腕を磨くために
色々なお店を転々とするわけです。

このようにして色々な料理を
実際の目で見て覚えていくのですね。

プログラマーなんてその最たる例で
一か所で留まっているプログラマーほど
駄目なものはありません。

やはりプログラマーも様々な場所で
働いて仕事を覚えていくわけです。

ところでジュニアプロフェッショナルオフィサー
という資格があるのはご存知ですか。

これは上記に挙げた料理人の修行や
プログラマーの転職に通じるものがある資格です。

国際機関に派遣される非正規の
専門職員のことなんですね。

ジュニアプロフェッショナルオフィサーは
そんな国際公務員になりたい人向けの資格です。

この資格を得ると国際機関で働けるように
なりますので、国際公務員の仕事を
現場で覚えることが出来ます。

国際公務員になるためには何が
必要なのか、どういった経験を得た方がいいのかが
現場に入ることによっておぼえられるというわけです。

しかしながらこの資格を得て自動的に
国際公務員になれるわけではありません。

それはまた別の正規ルートがあるわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ