JTF(ほんやく検定)

「JTFほんやく検定」は、インターネットで
受けられる翻訳技術のレベルを表す
資格です。

中学校、高校の英語のテストや
よくTOEICなどで出題される問題は
「こんなんいわないでしょ」といった
英語教育としてはなんとも言えない
問題ですが、JTFほんやく検定では
実務に対応した「Up-to-date」、
つまり最新の例文を利用するため、
日々翻訳に携わっていない場合は
流行が読めず、結果的に文章を
読めないといった結果を招きかねません。

ですから、英語検定と違って、
持っているだけでもその人の
英語のスキルが大分わかる、という
スグレモノの資格がこのJTFほんやく検定です。

JTFほんやく検定を持っている、
ということは、英検などの基礎的なものよりも
「英訳する技術がある」ことを
アピールする理由にもすることが
可能ですからね。

以上のように、JTFほんやく検定は
その人の「英語力」「翻訳力」を
表すための資格です。

5級から1級までがありますから、
実務経験とも照らしあわせて、
自分の今の限界を探ってみるのも
良いのではないでしょうか。

5級から4級まで後が基礎レベル、
そこから先は「実用レベル」と
なりますから、手始めは基礎レベルから
いってみるとよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ