Linux技術者認定試験

今話題の資格がLinux技術者認定試験
という資格になります。

この資格はどのような資格なのか?
というと、Webサーバーや企業内の
基幹サーバーとして急速にシェアを
伸ばしているのがLinuxになります。

このLinuxの中立的な立場を守るために
ベンダーニュートラルな資格として
ネットワークの運用・管理が出来る
エキスパートを認定する資格が、
Linux技術者認定試験の資格内容の
特徴になっています。

このLinux技術者認定試験は
受験費用が1試験あたり15,000円(消費税抜)で
試験を受けることができますので、
試験を受けたいと思っている人は
1試験あたり15,000円(消費税抜)で
試験を受けるようにしてください。

Linux技術者認定試験は試験方式は
コンピュータベーストテスト(CBT)で
試験をすることになりますので、
コンピュータベーストテスト(CBT)は
どのような試験方式なのか?をしっかりと
理解しておくことが重要なポイントになってきます。

このようにLinux技術者認定試験は、
ネットワークの運用・管理が出来る
エキスパートを認定する資格になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ