POP広告クリエイター

POP広告クリエイターと呼ばれている資格は、
POP広告クリエイター技能審査試験といい、
厚生労働省の「技能審査認定規定」に基づき、
公開経営指導協会が厚生労働大臣の
認定を受けスタートさせたもので、2002年より
公開経営指導協会認定準公的資格として試験を
実施しています。

試験内容は、POP広告に関わる知識を
計る学科試験と、用意されたテーマに
沿ったPOPを実際に作成する実技試験が
行われます。

受験資格は特にありませんが、
実務経験1年以上、もしくは専門学校等で
POP広告制作の学習をしている事で
身に付く能力・知識が要求されるので、
実務経験者である人のほうが有利でしょう。

POP広告クリエイターの主な仕事は、
小売業やサービス業において、販売
または販売促進の為に、お店の値札の横や、
店のあちこちに、思わず目を引いてしまうPOPを
ほどこし、売上に繋がるようなPOPを
デザインする仕事です。

フェルトペンやマーカーで
手書きであるため、お客の安心感や
親近感を引き出やすくすると共に、
店の雰囲気作りや売れ上げに大きく
貢献する仕事です。

試験では、単なるレタリング技術のみではなく、
幅広いPOP広告作成能力も審査の対象となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ