Webアドミニストレータ認定試験

「Webアドミニストレータ認定試験」とは、
コンピュータに関する様々な知識を
問う資格です。

IPAなどで行われている
基本情報技術者試験などとはまた違い、
Webアドミニストレータ認定試験では
「より浅く」「より広い」知識が
要求されます。

例を挙げると、まず
Webアドミニストレータ認定試験で
問われる知識として、
「パソコンに関する基礎知識のこと」
があります。

この中には周辺機器の使い方や
データの圧縮、解答といった
非常に事務的な知識も含まれ、
これが基本情報技術者試験などとは
異なる点の一つです。

次に「インターネットに関連すること」。

ここでは用語やビジネスなどについて
広く浅く扱われます。

そしてもう一つ基本情報技術者試験とは
大きく異なるのが「Web管理に関すること」です。

基本情報技術者試験では
この知識についてはあまり問われませんが、
ここではサーバーやフォルダーの使い方、
CGIについてなどの知識が問われるのです。

情報系の資格の中では珍しい方
なのではないでしょうか。

Webアドミニストレータ認定試験は
あらゆる分野においての基礎知識を
持っていることを証明するには
使える資格でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ