Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は
名前とはうらはらに「HTML」や
「CSS」といった専門知識に
関することについての知識を問う資格です。

このWebクリエイター能力認定試験は
サーティファイ Web利用・技術認定委員会が
主催する試験で、HTMLの
バージョンによって「XHTML1.0」
「HTML4.01」の二つのコースが存在します。

それぞれ「エキスパート」「スタンダード」、
「上級」「初級」とに分かれており、
筆記テストを行ったり、仕様書を元に
基礎的なサイト制作の手法についての
知識を持っているかの実技テストを
行ったりすることで合否を判定します。

年齢制限などはなく、学生でも
社会人でも受験できる資格と
なっていますから、IT業界、
特にWeb業界にいたいと思っている
場合には基本情報技術者の資格などと
同時にとっておくのも良いかもしれませんね。

Webクリエイター能力認定試験は
こういった検定の中でも特に
「実技がある」ことが特徴的な試験です。

ですから、実務などの経験から自信がある、
という方には腕試しにちょうどいい資格
かもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ