Webデザイナー検定

Webデザイナー検定とは、民間団体の
公益財団法人画像情報教育振興協会
(CG-ARTS協会)によって運営されている、
公的なWebデザイナーの資格試験です。

通常、Webデザイナーになるには、
特にこれといった資格は必要と
されないのですが、このWebデザイナー検定の
資格を取得しておけば、就職の際に
有利になりますし、フリーで
活動している人も名刺などに肩書きとして
記載することができて仕事を
取るのに役立ちます。

Webデザイナー検定は主に、
Webデザインを手がける上で
必要とされる、コンセプトの
立案から制作後の運営までの
知識や技術を幅広く問うものと
なっていて、Webデザイン制作に
関わる全般から問題が出されるのが
特徴です。

Webデザインそのものに関する
知識だけでなく、Web制作の
プロジェクトを実際に進める上での
知識まで問われるということです。

受験資格や年齢制限は、
Webデザイナー検定には特になく、
誰でも自由に受験することが出来ます。

試験内容はマークシート式で、
Web表現の基礎、制作準備、
サイトの制作、サイトの運用、
知的財産権などまで、ベーシックと
エキスパートの二つのレベル、
いずれにおいても問われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ