Word文書処理技能認定試験

物を書く仕事につく、または
ついていてスキルアップをする
という際に選ばれることが多い資格に
「Word文書処理技能認定試験」が
あります。

マイクロソフト全般の能力を示す
マイクロソフトオフィススペシャリスト
(MOS)というのがありますが、
このWord文書処理技能認定試験は
ワードに関する能力に特化した試験であり
資格となっています。

この資格を持っていることで企業は、
ワードにおける基本操作、関数の使用、
マクロ組、こういったことができる
ということが履歴書から判断することが
できるようになっています。

Word文書処理技能認定試験の
試験は3つの級にわかれていて
「1級」「2級」「3級」とに
わかれています。

1級までなるとビジネス文書の
業務効率化が可能なレベルであると
判断され、2級でビジネス文書全般の
処理が可能であると判断されます。

試験自体はトータルで105分。

そのうち実技試験が90分となっています。

ビジネス文書に関する知識をつけたい、
資格を取得したいと考えているのでしたら、
ぜひWord文書処理技能認定試験という
資格をCheckしてみてください。

公式ホームページではサンプル問題に
挑戦することもできるようになっていますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ